スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋の稲刈り

9月27日、ついにひだまりの田んぼの稲刈りを行いました。

秋田体験旅行に来ている東京の中学生が稲刈りを手伝ってくれました。

和光ちゅう


まず田んぼの4隅の稲をカマで刈りました。稲刈り機が田んぼに入る入口を作るためです。

そして稲刈り機(バインダー)で爽快に稲を刈っていきます。

バインダー

2アールの小さな田んぼなので、稲刈りはあっという間でした。

山間部の陽のあたりにくい田んぼで、ちゃんと稲が育つか心配でした。

やはり普通の稲よりは背が低いものになりましたが、収穫までできたことにとても感動しました。



5月、肥料として米ぬか、炭、牛のふんをまきました。

6月、プール育苗で大きくなった苗を植えました。

7月、8月 除草剤を振らないこだわりから雑草と何度も戦いました。


いもち病にかかったり、ため池が壊れたり、これまで様々な困難がありました。


中学生が言っていました。
「俺たちが食べるものだから大切に扱え」

「お米を作るのがこんなに苦労すると思わなかった」


稲刈りを通してみんなが食のありがたさを実感したようです。


刈った稲は根元を上にして日干しします。水分を完全に抜くためです。
日干し

本当は2日くらい干すのですが、時間の関係で数時間だけ干しました。

そして、さらに稲を乾かすために午後ははさがけを行いました。

続く!


ニュートン
[ 2009/09/27 17:19 ] ひだまりの田んぼ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syokuik.blog41.fc2.com/tb.php/90-63688565


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。