FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

動けば変わる…てんつくマン

総指揮・監督 てんつくマンによるドキュメンタリー映画を観に行ってきました!!


動けば変わる!

環境問題、海外支援、手漕ぎ船での900キロの航海という挑戦の軌跡を映画にしたもので、笑いあり、涙ありのメッセージ性の強い内容でした!!
一部抜粋して印象に残ったことを紹介すると…

環境問題…沖縄には意外にもたくさんのゴミが捨てられていた。が、人工的なものばかりでなく、「不要犬」と呼ばれる犬も多く捨てられていること知る。その不要犬は毎日、ガスによって殺され焼却されている。今までに処分した犬は29万頭。…しかし、ゴミをリサイクルしておもちゃを作っているおじさんもいれば、捨てられた犬を飼ってくれる人に譲ることもしてる人も。てんつくマンがごみを拾っていると、子供たちが進んでゴミ拾いを手伝ってくれた。
 不要なものなんてこの世に無い。「必要」か「不要」か、それは人によって違うと思うから、必要とする人に譲ることで「ゴミ」という言葉がなくなればいいのになって私は思います。


海外支援…戦争が終わった今も、アフガニスタンの人々は苦しんでいる。学校に通えず街で働く子供。地雷や水不足で亡くなる子供も少なくない。その上、夏は昼に40度あった気温が夜は一気に冷える過酷な環境。
てんつくマンは虹色のマフラーを1キロ編んで、アフガニスタンと日本に虹をかけたいと思い立つ。
そして、たくさんの人の協力で、虹色のマフラーは1.5キロにもなった。
アフガニスタンの子供一人一人にそのマフラーは手渡され、そのお返しに素敵な笑顔をくれた。
 今日を生きるか死ぬか。そんな中でまだ生まれて間もない子供たちが頑張っている。だからといって、失望に包まれてるわけでなく、子供たちはとってもかわいらしい笑顔で、大人たちも生きる希望を持ち続けてることを確かめることが出来た。しかし、希望を持って、動くべきなのは、先進国である私たち。恵まれた環境であることに酔って、不満を漏らしてはダメだと思った。まずは、あの子達のように笑顔で過ごしたい。ひとりでも命が救えるなら協力していきたい。


パート2として、てんつくマンさん本人のお話も聴くことが出来ました。感心させられっぱなしで、書き込みきれません!!!!
中でも、印象的なのは、

人間は完全ではない。むしろ、人間の不完全さを楽しめ。
人間はパズルのピースのようなものだ。
すべてのピースはへこんでいるところと出ているところがあるからこそ、お互いが繋がる。人間も長所と短所があって、お互い助け合うもの。仕事やパートナーも自分がうまくハマるところがあるのだから、一度試してみて、違うと思ったら、別のところを試す。だから、転職やたくさんの人と付き合ってみるのもいい。

…それを聞いてなんだか救われた感じがして、今の自分を受け止められるような気がしました。なんだか100%自分らしく活動できそうです。
今日からは、笑顔が増えると思う♪そして、一人でも多くの人の笑顔も増やしたい!だから、動きます!自分が動けば、何かが変わるはず!!

ヒッキー
[ 2009/04/30 00:02 ] 参加イベント | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syokuik.blog41.fc2.com/tb.php/30-53dd1176


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。