スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年春・百笑村での農作業♪

みなさん、こんにちは!
2012年4月から、ひだまりメンバーの仲間入りをさせていただきました、よどぎみです。
初めましての方も、これまでGT活動の中でお世話になった方も、どうぞよろしくお願いいたします(^▽^*)

先週の4月1日(日)は、久しぶりの百笑村で農作業をして参りました。
作業の名前は、「種のお湯殺菌」…ん?代表は、もっとそれらしいちゃんとした名前で呼んでいたような気がするけど…???(←正しくは、「温湯殺菌」です!)まぁ、いっか!要は、田植えをする前の、育苗をする前の、種まきをする前の、その「種」をお湯で殺菌するというものです。
「つや姫」の種。約4㎏あります。
具体的には、約3~4㎏に分けた種を65℃の温度を保たせたお湯の中に7~10分浸して殺菌。
「なぁんだ~。簡単じゃん!」なんて声が聞こえてきそうですけど…この日の気温はマイナス、時折吹雪。
4月ですよ!4月。なんで今年はこんなに寒いかなー。
種を計るのは、もちろん屋外。
種の選別。約4~5㎏ずつ、色別に分けます。
殺菌後は何と百笑村(佐々木家)の湯船で、冷水でジャブジャブ洗うのです~しゃっこすぎる。。。
温湯殺菌後、水洗いをするよどぎみ。
んで、このあとが肝心。
「塩水選」といって、塩水に種をざばーっとあけて、浮かんできた種を地道に網ですくう作業。
浮いてきた種は中身が空っぽか、入っていても小さな種で、使い物にならないのだそう。
塩洗水するヒッキーとよどぎみ。
全部の種を少しずつ分けてやるから、やたらと時間がかかるんです。もはや、指先の感覚がありません(苦笑)。
「大変って言うな~(笑)昔はみんな、これやってたんだや~!」とは、百笑村の佐々木義実さん。
いやはや、ほんとですね。昔の方は苦労してたんですね。でも、そのかわり無農薬栽培で手塩にかけた美味しいお米を食べることができていたってことですね…。良い体験をさせていただきました。

よどぎみ
[ 2012/04/07 16:30 ] 農業体験・情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syokuik.blog41.fc2.com/tb.php/167-5146cd1f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。