FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パートナーシップ

【出会い】

人の縁は不思議なものです。
いろんなことをしていれば、いろんな人と出会える。
そして、出会った人がまた新しい人をつなげてくれる。
それが繰り返されて、いつの間にかみんなが知り合いになっている。



今日はふるさと活力人セミナーの話し合いでアルヴェの吉田さんに会いに行きました。

現在ふるさとセミナーでは、鳥海山のふもと、小滝地区での現地企画を考えています。

話し合いの途中、市民交流サロンに3人のお客さんが来ました。

なんと、その人は県南NPOセンターの奥さん、私が今秋、地産地消を進める会のワークショップで出会った人です。

私たち2人で再会できる可能性は低いはずなのに、活動をしているとこんな奇跡が起こるのだと思いました。



奥さんが連れてきた2人は、
東京大学の秋田活性化学生団体A-LINE代表の三浦さん
大仙市で子育て支援松塚さん

不思議なことに、同じ目的意識を持っている人なのか、すぐにうちとけ、熱く語ってしまいました。

ふるさとセミナーの受講生もそうですが、
「秋田をよくしたい」とみんなが願っています。


私は主に環境を専門としていますが、いろんな分野の人がパートナーシップを組むことで
秋田はより美しくなっていくのではないでしょうか。


これは余談ですが、パートナーシップを組むのに一番大切なのは
「一緒にメシを食うこと」
じゃないかと個人的に思っています。

ニュートン
スポンサーサイト
[ 2009/12/27 23:55 ] 他団体との交流 | TB(0) | CM(0)

鳥海町で出前講座

【鳥海地区生徒の高校進学受験対策事業】

主催:(株)ベストファミリー鳥海
共催:サークル「山鳩」


鳥海地域の中学生は、進学塾に通うとすると片道30キロ以上の本荘まで行かなければいけません。
交通機関も整備させておらず、保護者の負担も大きなものになります。

そこで、ボランティアで鳥海地域の生徒の勉強会を開催しました。

私は塾講師をしているので、そのお手伝いに行きました。


塾2

塾1

全10回の講座で今日は第1回目。
3時間の数学の授業をしました。


ボランティアにはいろいろな形体があるけれど、
このように地域のことを考える団体がいることに驚きました。

補完的に手助けする、ボランティアの本質を思い出させてもらい、私も有意義に過ごすことができました。

ニュートン
[ 2009/12/19 22:43 ] 他団体との交流 | TB(0) | CM(0)

EECの活動

国際教養大学のエコロジカル&エンバイロメンタルクラブ(EEC)では、農業活動に加えて環境活動も実施することになりました。

現在、グリーンプロジェクトというのを行っており、学内の環境負荷低減に努めています。

具体的には
・印刷枚数に制限を付けてコピー用紙を節約する。
・電気のスイッチの前に[節電]のシートを貼る(現在検討中)
・ゴミ拾いをする(現在検討中)

農業と環境に着眼している点はひだまりファームと同じです。これからタイアップしていきたいという話をしました。



EECの農場に案内してもらい、お土産に野菜をいただきました。
食べ物をもらえることのありがたさを感じ、自分は食のありがたさを伝えるために活動している、その原点を思い起こさせてもらいました。
野菜


ニュートン
[ 2009/07/19 12:39 ] 他団体との交流 | TB(0) | CM(0)

生物多様性を考える子供たち

ボランティア講習会の用事で遊学舎に行きました。

そしたらちょうどこどもエコクラブでエコクッキングをやっていたので、
ちゃっかりご馳走になってきました。


今日のエコクラブのテーマは「生物多様性」でした。

生物多様性とは、多様化した生態系のバランスを保った状態のことで、地球の持つ性質の1つです。

環境破壊による生物の絶滅、または外来種によって生態系がくずれると、

間接的な影響を繰り返し食料ができなくなることにつながります。


子供には難しいなーと思いながらも、みんなしっかり学習していました。
最近思うのは、今の子は自分のころに比べて頭がいいです。
エコクラブの様子


中学生は生物多様性について400~1200字の作文を書くそうです。
分からないことはニュートン先生に聞いてね☆

似顔絵1
まっちゃんの書いてくれた似顔絵

似顔絵2
まりちゃんの書いてくれた似顔絵

ニュートン
[ 2009/04/29 17:32 ] 他団体との交流 | TB(0) | CM(0)

ヤートセ秋田

6月下旬に第12回ヤートセ秋田祭りが催されます。

実行委員会は秋田市や県が運営しているものではありません。

あくまで「秋田を元気にしたい!」と思う有志の人たちで運営されています。

そんな想いをもつ僕も、ヤートセ祭りで何ができるか、企画を考えています。

頭にあるのは「農家を知ってもらいたい」ということです。

絶対なにかできる!と信じて今日もいろいろ考え中です。





ニュートン
[ 2009/03/26 17:44 ] 他団体との交流 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。